最近の記事

(07/07)竹の割り方・剥ぎ方技術講習会 参加者募集
(07/07)夏休みものづくり体験・シルクスクリーン版画 参加者募集
(06/23)大内七夕まつり
(06/08)夏休みものづくり体験 参加者募集
(05/10)一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成29年度)

2017年02月02日

阿知須ひなもん展示・ひなもんづくり体験

14hinamon (1).jpg 14hinamon (2).jpg

阿知須の「ひなもん」は、ちりめんや古布で作られたつるし飾りや小物。
阿知須のいぐら造りの街並み周辺で、2月9日(木)から13日(月)まで「阿知須のひなもんまつり&ぷち街角ぎゃらりー」が開催されます。
色とりどりの楽しい作品が並び、ひとあし先に春を感じさせる催しで、毎年大勢の人で賑わいます。
(お問合せ 山口県央商工会阿知須支所 TEL.0836-65-2129)

阿知須での展示終了後は舞台を伝承センターに移し、阿知須ひなもん教室(代表 藤本慶子、緒方勝子)のご協力により、旧野村酒場の町屋内でもひなもん展示・体験をお愉しみいただけます。
阿知須までなかなかお出かけいただけない方も、ぜひこの機会にご覧ください。

〔山口ふるさと伝承総合センター会場〕
展示:2月22日(水)〜26日(日)9:00〜17:00 入場無料
(最終日は15:00まで)

体験:各種ひなもんづくりの体験ができます。
   日 時 2月24日(金)、25日(土)
        10時から16時までの時間帯で随時体験可能(1時間程度)
   定 員 各日30名程度(先着順)
   体験料 1個につき100〜500円
        (作成品目によって材料費が異なります)
   申 込 山口ふるさと伝承総合センター TEL 083-928-3333
        2月18日(土)午前9時から申込み受付けます。
posted by 伝承センター at 16:42| 体験講座

2017年01月26日

鷺流狂言教室

伝統芸能「鷺流狂言」 sagiryu (1).jpg
現代に通じる笑いが洗練された所作・台詞によって生み出される、伝統芸能「狂言」は、能とともに室町時代に原形が形作られました。江戸時代には幕府の式楽として大蔵流・鷺流・和泉流が三大流派をなし、長州藩お抱え狂言方には大蔵流と鷺流がありました。明治維新によって幕府や藩という後ろ盾を失った各流派は衰退の危機に直面し、なかでも鷺流は家元が途絶え、その芸は、かろうじて佐渡と山口に残されました。
sagiryu(3).jpg
萩に生まれ、幕末鷺流を学んだ春日庄作は明治19年(1886)野田神社上棟式神事能への出演をきっかけに、弟子達に狂言を伝え、山口に鷺流狂言が伝承されました。昭和29年(1954)山口鷺流狂言保存会を結成、昭和37年に鷺流狂言伝習会が開始され、平成3年からは山口ふるさと伝承総合センター・まなび館を技術伝承の場としていまに至っています。県指定無形文化財保持者・小林栄治氏、米本文明氏を中心に約20名の会員により、まなび館での伝習会、小中学校での上演や指導、公演などの活動が続けられています。
(写真は公演の様子)


鷺流狂言を学んでみませんか?
センターでは隔年で初心者向け教室を開講しています(次は平成29年度)。
伝統芸能=難しいと思われていますが、お気軽に体験してみてください。

 初心者向け教室
内 容山口の伝統芸能である「鷺流狂言」を学びます。
開催日時5〜7月
毎週土曜日 17:00〜19:00
指導者米本文明氏(山口県無形文化財保持者)
定 員15名(先着順)
受講料無料
募 集3月18日から申込み受付を開始する予定です。
(市報掲載予定)
posted by 伝承センター at 11:41| センター案内

2017年01月18日

こどもの茶の湯教室

茶の湯は「おいしいお茶をもって、主客ともに楽しみ、心を通い合わせること」に大きな意義があります。思いやりの心を形にするために、基本の作法を学び、伝統文化にふれて、幅広い人間形成の一助となることを目指します。

多くの生徒さんが、継続して数年けいこを続けています。楽しそうにおしゃべりしたり、ふざけて大笑いしていますが、けいこの時は、みなさんとても真剣です。

kodomocha (1).jpg kodomocha (2).jpg

日 時前期 4月〜9月(12回)
後期 10月〜3月(12回)
原則として毎月第2日曜日、第4日曜日
13:00〜15:00
場 所山口ふるさと伝承総合センター みやび館
内 容
前期は基本的な作法(手の洗い方、和室の入り方、歩き方、すわり方)や、あいさつのしかた、お茶お菓子のいただき方を学びます。道具をていねいに扱うことや、お茶を点てることや、和室のしくみも学んでゆきます。

後期は前期の内容を、さらに深めて、主客や客同士のあいさつを学び、点前のけいこをします。掛け軸や陶磁器や漆器などを鑑賞して、季節や歴史との関連を考えます。簡単な茶懐石をいただきます。

ほたる祭りなど、地域の行事にこども茶会として参加します。
指 導大村桂子氏(山口信和会・表千家教授)
対 象小学3年生から対象
定 員前期・後期各8名
受講料1,500円(月2回/月謝)
募 集前期は3月18日から、後期は9月18日から申込み受付を開始する予定です。
(市報掲載予定)
お問い合わせ
お申し込み
大村桂子
TEL (083)924-1408
posted by 伝承センター at 14:14| センター案内