2016年12月20日

山口の伝統文化

山口に伝わる伝統文化。
大内氏ゆかりの歴史文化、伝統工芸、全国的にも貴重な伝統芸能や祭り、自然とくらし ―― それらには歴史の足跡が刻み込まれています。


まなび館では、受け継がれてきた地域の財産についてパネルや映像で紹介しています。
建物などとちがって常時実演を観覧することがかなわない「芸能」にもふれることができます。
ぜひ山口の歴史文化の豊かさをあじわってください。

videoL.jpg

○まなび館・ビデオライブラリー

 やまぐち伝承ものづくり(伝承センター・大内塗・山口萩焼)

 ホタルがつなぐ大殿地域

 大内文化の遺産

 鷺の舞 伝統を守る者、伝統を継ぐ者。

 山口鷺流狂言―地域伝承の可能性―

 山口鷺流狂言保存会結成60周年記念公演

 まなび館秋の合同公演(徳地人形浄瑠璃・鷺流狂言)

  ※視聴ご希望の際はたくみ館事務室までお申し付けください。
posted by 伝承センター at 13:33| 伝統文化

2014年04月29日

鷺流狂言

godokoen6.jpg

伝統芸能「狂言」は、能とともに室町時代に原形が形作られ、江戸時代には幕府の式楽として保護されました。大蔵流・和泉流・鷺流が三大流派をなし、長州藩お抱え狂言方には大蔵流と鷺流がありました。明治維新によって幕府や藩という後ろ盾を失った各流派は衰退の危機に直面し、なかでも鷺流は全国的にもほとんど途絶えてしまい、かろうじて佐渡と山口に残されました。そのうち山口に伝わるものは唯一鷺伝右衛門派の流れを汲むもので、「世界で山口にしかない伝統芸能」といえます。

萩に生まれ、幕末江戸で鷺流の鷺伝右衛門に学んだ春日庄作は、明治19年(1886)野田神社の神事能へ出演します。その後山口に移り住み、多くの弟子達に狂言を教え伝えました。こうして山口に鷺流狂言が伝承されていくことになります。昭和29年(1954)山口鷺流狂言保存会を結成、昭和37年に開始された鷺流狂言伝習会は、技術伝承の場としていまに至っています。

県指定無形文化財保持者・小林栄治氏、米本文明氏を中心に、約20名の会員により、まなび館での伝習会、定期公演、小中学校での上演、中学生への指導、依頼公演などの活動が続けられています。まなび館では隔年で初心者を対象とした教室も開講されています(次は平成27年度)。

山口鷺流狂言保存会は、明治期に家元が途絶えた鷺流狂言を今日まで受け継ぎ、広く市民に継承・普及してきた活動が高く評価され、平成24年度サントリー地域文化賞を受賞されました。山口市内の方の受賞は初めてで、狂言単独での受賞は全国初とのことです。

posted by 伝承センター at 10:58| 伝統文化

2013年06月07日

山口萩焼

■萩焼とは・・・
 今から400年前、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、朝鮮から連れ帰った陶工 李勺光(リシャコウ)、李敬(リケイ)兄弟を毛利輝元が広島で預かったが、その後の関ヶ原の戦いに破れた輝元と伴に萩に移り住み毛利藩の御用窯となったことに始まります。
 萩焼の窯は、主に登り窯で、傾斜地を利用した朝鮮式の連房式登り窯です。この連房式は、各室が蒲鉾の様な形で3〜5部屋が繋がっており、これらが、傾斜地に作られています。 窯としては長く続きましたが、近年、窯の中にある棚板の積み方などが容易になったことで、現在ではガス、電気窯を併用しながら、登り窯での焼成は年に2〜3回のみとなっています。 また窯は、環境問題などもあり、町中から少し離れた場所に作られています。


■山口萩焼について
 1500年代の後半、朝鮮李朝の陶工李勺光により毛利藩の御用窯として開窯された萩焼は、その後およそ400年、李朝の伝統を受けつぎ、さらに見島土などによる陶技が加えられ、萩焼という陶芸が、現在では萩市を中心に長門市、山口市をはじめ全県下に及ぶ広がりを見せている。
 松本焼(萩)、深川焼(長門)に次いで宮野焼(山口)が窯の火を起こしたのは1892年、今から118年前、大和作太郎松緑によるものである。
 大和作太郎は1855年(安政2年)萩城下の豪商大和屋に生まれたが、若くして陶工を志し、萩東光寺窯で修行したあと、吉田松陰誕生地の近くに松緑と号して「松緑焼」を独立開窯した。作太郎22歳であった。
 その後、家をあげて萩から山口へ移住し、宮野大山路に松本萩の分派である窯を築き「松緑焼」または「宮野焼」と呼称され、主に萩焼を制作した。
 大和作太郎松緑が1921年(大正10年)7月、意欲の陶芸家としての生涯を終えたのは66歳であった。
 今や作太郎翁誕生155年、その陶芸精神をつぎ、伝統窯の火を守りつつ新風を求める陶芸家の郡像が山口萩焼作家協会に集まり、研鑚の日々を送っている。


2010年(平成22年)現在 


→ 作業工程のページ

posted by 伝承センター at 11:41| 伝統文化