2013年06月15日

ゲンジボタルの飼育方法

1 成虫採取  
  ゲンジボタル発生最盛期を過ぎ、ほとんどの個体の交尾が終わる5月末ごろ、文化庁の許可を得て、一の坂川の雌の成虫を約90〜100匹くらい採取します。ホタルは羽化して地上に出るとすぐに交尾しますが、念のため雄も数匹採取しておきます。雌は発生数が少なく、期間も限られているので、数回採取に出かけなければ数を満たすことができないこともあります。


2 産卵(採卵)  

  hotaru02.jpg採取してきた雌は、飼育箱に入れ、バットの中のミズゴケの上にとまらせ、産卵を待ちます。ミズゴケは、山野に生えているものがよく、根元の部分を切り取って除き、先端部を揃えてバット内に立てるようにして並べます。バットの中に水を少し入れ、ミズゴケに時々水をスプレーし保湿に気をつけます。直射日光は厳禁。採取した日からミズゴケや飼育箱の金網に卵を産み始めます。産卵を終えて死亡した成虫はその都度取り除き、「ホタル塚」に埋葬します。飼育箱に収容して約1週間程度で産卵を終えます。


3 孵化(ふか)  

  hotaru01.jpgバットの底に水を深さ1p程度入れ、その上に卵を産み付けたミズゴケの入った角ざるを載せます。ミズゴケが乾燥すると孵化が悪くなるので、スプレーで水をこまめに補給し、上からビニールをかぶせておきます。
25日ぐらいたつと孵化し始めます。


4 幼虫の飼育  
  ミズゴケにある卵から孵化した幼虫は、バット内の水面に落ちるので、これを毎日スポイドでとって数を確かめながら飼育用の水槽に移し飼育を始めます。幼虫の飼育数は大型水槽(30×40×2cm)1個あたり約300〜500個体の密度が適当です。

〔飼育用水槽‥‥‥二重水槽〕
水槽の底にきれいに洗った小砂を3〜5cmの厚さに入れ、砂の上に平たい石か黒がわらの破片を置き、水を10〜15cm入れます。
エアーポンプを取り付け、酸素を送ります。
水槽内の水の温度を上昇させないために、大きな水槽に水を張り幼虫飼育用水槽をその中に入れ、二重水槽とします。水槽の水温が25度以上になると幼虫は摂食しなくなるので、20〜22度前後に水温を保つように、特に高温になりやすい7〜8月は大きな水槽の井戸水を還流、オーバーフローさせ温度調節をします。冷房装置のある部屋では、二重水槽にする必要はありません。また、水槽内の水もホタルの幼虫やカワニナの排泄物等で汚れるので、10日に一度は水を換え、水質にも気をつけます。井戸水などのきれいな水を使うようにします。


5 給餌   
  餌hotaru03.jpgはカワニナをやります。前もってカワニナの稚貝を水槽内に入れておきます。カワニナの飼育も行います。一の坂川で採取したカワニナを水をいれた水槽に入れ、レタスやキャベツ等を与えて育てます。6月中旬頃より稚貝が産まれるので、生まれたての小さい幼虫に与えます。幼虫の成長に従ってカワニナの大きさを変えていきます。幼虫期の1匹は、約23〜28個のカワニナを摂食します。

・若令幼虫‥‥集団となってカワニナの稚貝を摂食します。
・中令幼虫‥‥数匹で餌を摂食することが多い。
・老熟幼虫‥‥単独で摂食する個体が多い。

カワニナの中には、水生菌などに侵されてかび状となって死亡するものもいるのでかび状のカワニナや、幼虫が摂食した殻などはたえず取り出して捨てないと、水が汚染されるので十分注意します。


 ☆ カワニナ採取は、7月から夏休みにかけて大殿小学校児童や大殿各地区子ども会にも協力を得ています。


6 放流   
  horyu04.jpg10月中旬に「ゲンジボタル放流の集い」を行い、大きくなった幼虫を大殿小学校児童と共に一の坂川に放流します。

※放流の時の留意点
 1 できるだけ広い範囲に放流する。
 2 水槽に少し水を入れて、静かに放流する。
 3 水槽に水を何回か入れて、砂をきれいに落とす。
 4 放流した後、その下手をできるだけ踏まないようにする。
 5 放流がすんだら、すみやかに川を離れる。
 6 水槽は、来年も使用できるようにていねいに扱う。

posted by 伝承センター at 15:55| ホタルの保護飼育

2013年04月29日

ゲンジボタルの保護飼育

一の坂川と椹野川に生息する天然記念物「ゲンジボタル」は、山口のシンボルとして昔から親しまれています。中でも大殿地区では、市内の中心を流れる一の坂川を四季を通して憩いの場として親しみ、ゲンジボタルを大切にし、みんなで守り続け、その保護と増殖を行っています。 
5月末から6月初めに雌の成虫を捕獲し産卵させます。さらに、卵を孵化させ、水槽で幼虫の飼育を10月まで続け、翌年のゲンジボタルの乱舞を期待しながら大きくなった幼虫を一の坂川に放流しています。ゲンジボタルの保護飼育は、増殖を図ると同時に地域の各団体や組織の活動や自然保護運動の大切な核としての存在価値もあわせもっています。

平成21年度飼育経過
◆一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成22年)
◆一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成23年)
◆一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成24年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成25年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成26年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成27年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成28年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成29年)
一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成30年)

動画・ゲンジボタルの幼虫(YouTube)
動画・集団産卵の様子

◆大殿ホタルを守る会
horyu5.jpg平成3年、ホタルの飼育場がある所に「山口ふるさと伝承総合センター」が開設されたのを契機に、学校・地域・施設が一体となった組織づくりをし、連携して人工飼育にあたるよう「大殿ホタルを守る会」が組織されました。大殿小学校及び同校PTAをはじめ、大殿公民館、大殿地区子供会育成連絡協議会、一の坂川風致保存協議会、大殿春秋会、山口ふるさと伝承総合センターの7団体が加入結集し、『地域に根ざしたホタルの保護と増殖』を目標に掲げ、地域おこしの一環としてゲンジボタルの保護増殖や一の坂川の自然保護に係わる諸活動を実践しています。
事務局は山口ふるさと伝承総合センターに置いています。

・ゲンジボタルの飼育・放流
・ゲンジボタルの飼育活動見学の受け入れ
・「ゲンジボタル放流の集い」実施並びに「ホタル観賞の夕べ」及び「アートふる山口」への協力
・成虫採取、餌のカワニナ採取、孵化数調査、一の坂川のゲンジボタルの生息状況調査
・自然保護、ゲンジボタル飼育等に関する情報の収集、啓発、広報活動等


◆大殿小学校の取り組み

horyu03.jpg大殿小学校では、ゲンジボタルの保護増殖活動を学校教育の中に組み入れ、学校と地域との交流を図り、地域に根ざした教育を推進してきました。また、この活動を学校の発展や実践活動の場ととらえ、環境教育の推進の一助としてきました。

・ゲンジボタルの餌であるカワニナの採取
・「ホタル観賞の夕べ」での作品展示、「ゲンジボタル放流の集い」での作文発表
・活動を通して、児童の環境に対する意識の高揚
・郷土学習や環境教育に関わる教材化(社会科・理科・総合的な学習)等



◆飼育場所

山口ふるさと伝承総合センターの旧野村酒場土蔵において保護飼育が行われています。

dozo.jpg







飼育方法


飼育・放流の沿革


一の坂川のゲンジボタル

posted by 伝承センター at 15:20| ホタルの保護飼育