2014年10月28日

ゲンジボタル放流

10月9日、センター土蔵で飼育してきたゲンジボタルの幼虫を放流しました。

今年のホタルは6月6日がピークで1625匹確認されました(出合い〜俊龍寺橋間)。
hatuhotaru20140513.jpg
文化庁の許可を得てホタルを採取、飼育箱へ入れるとまもなく卵を産みつけ、7月1日より孵化が始まりました。

一の坂川流域の子ども会と大殿小学校児童(計700人弱)が、幼虫の餌となるカワニナ採取に汗を流してくれました。
140918カワニナとり.jpg

地域住民や関係者による一の坂川の草刈り、大掃除等も行われ、ホタルがすみやすい環境の整備が地域ぐるみで進められてきました。
IMGP0401.jpg

センターで「ゲンジボタル放流の集い」が開かれ、大殿小3、4年約190名が参加しました。
032.jpg

大殿ホタルを守る会・福永俊明会長からの挨拶の後、児童代表より「僕はホタルが好きです、といえるのは幸せなことだと思います。もし大殿にホタルがいなかったらこんなことは言えません。今年も6月に一の坂川で行われたほたる祭りに行きました。たくさんの光が川を囲むようにあふれ出て、美しい光に圧倒されました。大殿小学校では毎年、1年生から6年生までホタルの餌になるカワニナを採り、ホタルの成長のお手伝いをしています。この放流は28年間続いています。今年もこうして受けつぐことができたことをぼくは、ほこりに思います。」と挨拶。
山口市教育委員会・岩城精二教育長より祝辞をいただきました。
大殿ホタルを守る会・岡田勝栄事務局長より、今年の飼育経過報告、放流時の注意事項について説明があった後、子ども達は川へ移動しました。

俊龍寺橋、木町橋、伊勢橋、琴水橋で計約13000匹の幼虫を放流、子ども達は水槽をかかえ、流れの中へ幼虫を放しました。
050.jpg

成長した姿をみせる季節を楽しみに、その存在を心に留め見守っていきたいものです。
064.jpg
posted by 伝承センター at 10:09| ホタルの保護飼育

2014年05月02日

一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成26年)

ホトトギスの初音を楽しんだ室町人の心を持ってホタルを楽しむとすると、初ボタル、最盛期の乱舞、シーズンオフが近づくころのなごりのホタルなど、色々な風情が楽しめます。深夜のホタル、暁のホタルと様々な表情があります。晴れの日、風の日、雨の日と天候によっても趣きは異なります。豪水の川面を事もなげに飛ぶ風情などは格別です。

このページでは、山口中心市街地を流れる一の坂川での、ゲンジボタル(成虫)の発生状況を随時ご報告します。
俊龍寺橋(天花)から錦橋(椹野川との合流地点付近)までの間で確認されたホタルの発生数を集計しています。

今年、ゲンジボタルの幼虫の上陸は4月13日にはじめて確認され、成虫の初見日は5月13日でした。(昨年は5月12日)

hatuhotaru20140513.jpg
初ボタル(5月13日)

20時頃から光り始め、20:30〜21:00頃が見頃です。

一の坂川ゲンジボタルマップ
hotarumap2.gif


ゲンジボタルの発光確認状況表(一の坂川)

木町橋
〜御茶屋橋
えびす橋〜
安部橋
その他26年度合計(参考)
25年度合計
51100000
 1200007
 13010010 31
 14000043
 15
8
17 36
 165
16
2438
 17 2015  4456
 1820 11  738 99
 1937 25 14 76 83
 2025 35 123
 2198 20 23141 210
 2212049 29198266
 23137 53 28 218 233
 2418638 37 261 275
 25201 23 38 262 487
 26 20335 27 265 378
 27250 34  36320 408
 28 35338 57448 
 29721 37 73 831 654
 30590 40 101 731 827
 31949  36101  1086936
611299  25121 1445 386
 2530 24 46 600 911
 3974 41  1451160 1091
 4714  9 85808 2465
 51189  6 1261321 2124
 6144015170 1625 2455
 71470  8 102 15801001
 8 739 1296  8471166
 9 85012 91  953385
 10443  382 528 462
 11366 75 448 308
 12478  254 534122
 13488  51545 98
 14202  323 228  
 15262 45 310  
posted by 伝承センター at 12:15| ホタルの保護飼育

2013年06月18日

一の坂川・ゲンジボタルの発生日報(平成25年)

ホトトギスの初音を楽しんだ室町人の心を持ってホタルを楽しむとすると、初ボタル、最盛期の乱舞、シーズンオフが近づくころのなごりのホタルなど、色々な風情が楽しめます。深夜のホタル、暁のホタルと様々な表情があります。晴れの日、風の日、雨の日と天候によっても趣きは異なります。豪水の川面を事もなげに飛ぶ風情などは格別です。   
    
このページでは、山口中心市街地を流れる一の坂川での、ゲンジボタル(成虫)の発生状況を随時ご報告します。
俊龍寺橋(天花)から錦橋(椹野川との合流地点付近)までの間で確認されたホタルの発生数を集計しています。

今年、ゲンジボタルの幼虫の上陸は4月2日にはじめて確認され、成虫の初見日は5月12日でした。(昨年は5月13日)

20時頃から光り始め、20:30〜21:00頃が見頃です。

一の坂川ゲンジボタルマップ
hotarumap2.gif


ゲンジボタルの発光確認状況表(一の坂川)

木町橋
〜御茶屋橋
えびす橋〜
安部橋
その他合 計
5110000
 12160初蛍
7
 13618731
 141321943
 151791036
 16728338
 1722241056
 1857182499
 194036783
 20534722122
 211117722210
 221448537266
 231535426233
 241835636275
 254035034487
 262846133378
 273176130408
 28----
 295594055654
 307483346827
 318691354936
 613181058386
 28311862911
 398718861091
 42308171402465
 51948121642124
 62161112832455
 789241051001
 8105331101166
 9332251385
 10393267462
 11276-32308
 12103316122
 1373-2598

乱舞のシーズンは終わりました。
数匹が舞う名残りの螢は今しばらく楽しめます。
日報はまた来シーズンお届けします。
                       6月14日
posted by 伝承センター at 10:40| ホタルの保護飼育