2016年07月11日

竹割講座〜身近な竹を割り生活に活かそう〜 参加者募集

takewari.jpg

竹の割り方・剥ぎ方の基本を学びます。

日 時: 日曜日コース・・・8月21日、9月4日、9月18日
     水曜日コース・・・8月10日、9月7日、9月21日 
      いずれも13時30分〜15時30分

講 師: 田中 勉氏(竹細工研究家)

定 員: 日・水曜日コースを合わせて20人(先着順)

受講料: 3000円

申 込: 定員に達しましたので、締め切りとさせていただきました。

     山口ふるさと伝承総合センター TEL 083−928−3333

posted by 伝承センター at 16:00| 体験講座

2016年03月02日

とらふく料理体験開催

fuku (5).jpg
山口県の冬の味覚・ふく。
かつては食べることが禁止されていましたが、伊藤博文が下関で食して気に入り、解禁したというエピソードが残るなど、山口県と深い関わりがあります。

ふくの毒は特に内臓に多く、ふくの種類によって毒の場所もさまざまで一般の方には分かりにくく、毎年ふく毒による食中毒が発生しています。

「とらふく」は高級魚ということもあり、家庭料理としては地元でもあまり定着していません。素人の方による未処理ふくの調理は危険ですが、魚店(ふく処理師)で処理されたふくを使用すれば、安全に、格安で味わうことができます。

2月25日伝承センターで、魚食普及推進の一環として、山口県産のとらふくを材料にした家庭料理体験講座を開催、17名の方が参加されました。
fuku (3).jpg

元湯田温泉ホテル料理長でふく処理師の竹重康弘さんに指導いただき、ふく刺しをつくりました。
fuku (4).jpg

ふくちり、ふく雑炊の作り方も講習いただきました。
fuku (6).jpg

fuku007.jpg
講師のひいたふくとの違いに戸惑いながらも、各々1枚ずつ丁寧にひき個性豊かな薄作りが完成していました。
包丁の動かし方やまな板の選び方等プロの技をご指導いただけ、参加者からも驚嘆の声が上がっていました。
料亭のプロの技を体験できるよい機会となったようです。
fuku (1).jpg
posted by 伝承センター at 13:12| 体験講座

2016年02月09日

和菓子作り体験 参加者募集

wagasi (7).jpg
(写真は昨年度の様子)

用意された生地を使って和菓子を2種類作り、抹茶とともに試食します。
お持ち帰りのお菓子も作ります。

日 時: 3月6日(日)13時30分〜15時30分

講 師: 設楽浩治氏(風月堂職長)

定 員: 12名(先着順)

体験料: 500円

申 込: 定員に達しましたので、締め切りとさせていただきました。

     山口ふるさと伝承総合センター TEL 083−928−3333

posted by 伝承センター at 11:57| 体験講座