2013年06月13日

パッチワーク&ちりめん細工教室

パッチワークとは?hmaturi36.jpg 
「パッチワーク」は、古代エジプトやギリシャでも、はぎれや古い衣服の良いところを利用して美しく再生する手法が残されているほど、古い歴史を持っています。19世紀末にアメリカで大流行したキルトがよく知られていますが、それもまだ使えるものを何とか利用し、家族を寒さから守りながら家の中を美しく整えようとするものでした。
今は専用の布を買うことが多くなりましたが、布と針と糸で描いた美しい手仕事は、何より心を豊かにしてくれるものではないでしょうか。  patch.jpg


パッチワーク&ちりめん細工を学んでみませんか? 
このようなパッチワークに親しみ、技術を習得できる場として、伝承センターでは教室を開講しています。山部和子先生の指導により、初心者向け講習、OB初心者クラス、2つのOBクラスの4クラスに分かれて開かれています。hmaturi17.jpg

今は大きなタペストリーを作りながら、パターン、バッグ、また創作ちりめん細工のえと、おひな様なども作っています。(28年度現在)
40〜80代と幅広い年代の方が受講されています。何よりも楽しいをモットーに、1つ1つ作り上げる喜びを味わっていただければ、との思いで毎回講座を行っています。


初心者向け教室
内 容


開催日時

指導者

定  員

受講料

募  集

パッチワークの基本を学びながら、古布やちりめんで針指し、はさみ入れ、ランチョンマット、クリスマス小物等を制作します。

10月 〜 3月 (10回 )  第1・3週の木曜日 13:30〜16:00

山部和子氏(キルティング インストラクター)

12名 (先着順)

無料(ただし教材費として 6,000円)

9月18日に申込み受付を開始する予定です。
(市報掲載予定)

posted by 伝承センター at 16:19| センター案内